ブログ

パモウナノ社員がパモウナの商品について独自の視点で語ります。

「世界に届け」

食器棚_ダイニングボード_SCシリーズ
食器棚_ダイニングボード_SCシリーズ

こんにちは、生産部のT・Kです。

今日はちょっと嬉しかったことを書きます。私の仕事の一つに、工場を拝見したいお客様に対して説明をして回る業務があります。いわゆる工場見学というやつですね。

 

先日、この工場見学にホストファミリーの方々がお見えになることがありました。弊社の工場がある岐阜県山県市運営の、国際交流を推進している市内の団体様のようで、地元の産業であるパモウナを見学ツアーの中に組み込んでくれたようです。来て頂けるのはリトアニアの方々で、北ヨーロッパに位置する国です。ヨーロッパといえば芸術の町。インテリアの分野においても世界に先駆けており、たくさんのおしゃれな家具を世界に発信しています。日本でも北欧デザインの家具が好きだという方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。そういった考えから、パモウナの家具がリトアニアの方々にどういった印象を与えるのか?楽しみ半分、不安半分でした。(^_^;)

 

さて、当日を迎え工場見学を開始。弊社の玄関には食器棚のフラッグシップモデルであるSCシリーズが飾ってあります。その製品の特徴、見た目の光沢感、品質の自慢やこだわりをここぞとばかりに説明させて頂きました。 言葉の壁はありましたが、みなさんしっかり聞いてくださり沢山の質問をしてくれました。 その中には、『どこで買えるの?』『海外には出していないの?』といった質問や、『こんな機能は我々が使っている家具にはないね。とてもいい!』といった話が出ました。『デザインがいい』といった言葉をもらったときには歓喜の瞬間でしたね。

 

ヨーロッパの家具といえば、曲線美で木の形や色をそのまま表に出す温かみのある風貌といったイメージがあります。パモウナの家具はスタイリッシュでシンプルな形が多いので、デザインとしては大きく異なるのですが、そこに対して高評価を頂いたことは作る側として素直にうれしく、“世界に通用した感!”がありました。

ちょっと大げさに聞こえるかもしれませんが、それくらい嬉しかったんです。(笑)

 

パモウナの製品は国内販売となっています。 ですが、いつか海外の家庭でもパモウナの製品が使われている。そんな夢が現実になるように、今日も汗をかいて作っていきます。

 

 

Blog Top

最新のエントリー

PAGE TOP