やばい!パモウナ!

CrossTalk
CrossTalk パモウナスタッフ対談[新人座談会]

大江 安田 野本 岡島 松崎

今日は、各部署で活躍する新人の皆さんに集まってもらいました。
まず、就職活動の頃を思い出していただき、どうして数ある会社の中から
パモウナを選んだのでしょうか?
自分はスタイリッシュな物が好きで、就職活動の時も化粧品業界やインテリア業界などのセンスの良い ものに関わって仕事をしていきたかったんです。そんな中で、パモウナのホームページやそこに載っている 商品に一目ぼれした事がきっかけです。自社の商品に惚れ込んでいれば、仕事にも人一倍熱を込められると 思ったので、そこが決め手でした。
僕は何気なく参加した会社説明会での話が印象的でした。会社の一方的な話だけで終わるのではなく、 僕達学生の就職に関する悩みを聞いてくれたり、アドバイスもくれたりして、こんなに本音で対話ができた 説明会は他ではありませんでした。そこでパモウナの仕事に対する考え方にも共感できたことが大きかったです。
そうそう、少人数制の説明会で最初は緊張したけど、結果的にその方がよかったよね。あの場で色々な話が 聞けたし、僕らの話にもしっかり耳を傾けて聞いてくれたので、お互いの理解が進んだ実感があったな。
あとは、自由な社風だと聞いて、それが良いと思って入社しました。学生の頃は「自由」と聞いて、 何をやっても良いし、自分のペースで仕事ができるのかなと思っていたんですが、それは少し勘違いでした。
仕事での「自由」っていうのは、実はとても大変で難しいことなんだと今なら分かります。
言ってしまえば、最初から自分に与えられた仕事や役割が決まっていなかったから、自分で一から 周囲や会社に貢献できることを考え抜いて、探して、実行しなければいけなかったんですよ。
そうだね。でも、入社してすぐに決まった仕事があって、淡々とそれをこなしてしまうより、あの時に 一生懸命考えた事が今の仕事に活きているから、それでよかったよ。



なるほど、皆さんそれぞれ魅力に感じたポイントも異なっていた訳ですね。
では、実際に入社して初めて気づいたことや感じたことはどんなことですか?
安田:正直、もっと仕事って簡単にできるようになると思ってたんですが、甘かったですねー(苦笑)
例えば、先輩から言われた指示くらいは簡単にできると思っていたんです。
だけど、いざ自分でやると なったら全然できない・・・。
頭ではなんとなく分かったということでも、実際にできるとは限らないと 思い知らされました。
僕も同じような経験が何度かあります。一度分かったつもりになっても、繰り返し同じ結果が出せるようになるためには、 本当の意味で、自分で理解してできるように努力しないといけないんです。
パモウナがお客様の為に品質やサービスに徹底的にこだわっていることを知って、 どんな仕事を一つするにも結果にこだわってやり切らなければいけないことを学びました。
「これくらいやればいいだろう・・・」という自分の感覚は一切通用しないから、細部に渡るまで チェックするようになったことは自分の中での変化かなと思います。
僕はショールームで仕事をすることが多いので、立ち居振る舞いや言葉遣い、ファッションや 身なりに注意がいくようになりました。お客様から見たら、僕という人間を通じてパモウナのブランド に対するイメージを持つきっかけになります。
ブランドのイメージをより良いものとして持って貰いたい と思うと、緊張感が出てきますね。普段からの言葉遣いも意識的に変えていくのは大変でした。
うん、特にこれからパモウナは新しいブランドを複数展開していくことになるから、よりお客様には 良いイメージを持って貰う必要があるよね。
それには僕ら新人がもっと成長していかなければいけないね。
だんだん皆さんの会話にも力が入ってきたところで、
これから皆さんが更に活躍していくために挑戦していきたいことは何ですか。
僕達の同期は6名いますが、それぞれ営業や、生産本部の各部署で頑張っています。とにかく 同期の中でも一番に実力をつけて成果を出すことが今の目標です。
最近、やっと担当得意先の販売店様から顔や名前を覚えてもらって、色々と連絡を貰える様になってきたんです。
だから、そうして連絡をくれたり、期待をしてくれた販売店様に応えられるような営業になって実績を作りたいです。
僕は昨年からオープンしたショールームをブランド発信の拠点として、より多くの人にパモウナの商品を見て 貰えるような工夫をしていきたいです。新しい商品などが世の中に広がっていく感覚が、やっていてとても やりがいがあるので、これからパモウナが更に成長していく為の立役者になれたら最高ですよね。
僕は今よりも更に製品の品質レベルを上げられるように、生産管理や品質管理についてノウハウを身につけたいと思います。今は難しい事もたくさんあるけれど、先輩や上司との距離が近いので、自分の意見を 聞いてもらったり、よく相談にものってもらえるので、この環境を活かして色々な事を吸収していきたいです。
うん、近すぎて時々怖いと思う時もあるけど(笑)でも、本当に支えて貰っているなという実感が あるから、何とか早く一人前になって仕事の結果でお返しができたらと常に思うよ。

ページトップへ戻る

PAGE TOP